キャッシングの限度額に関わる年収と返済実績

キャッシングでは、必ず限度額という数字が決定される事になります。
金融会社から借りられる金額は、そもそも無制限ではありません。必ず限界値は決まっているのです。金融業界では、それを限度額と表現しています。

ところでキャッシング申し込みをする方々は、たまに限度額の高さを求めています。将来的にお金が必要になる可能性もありますから、できるだけ数字を高くしたいと思う事もあるでしょう。それでキャッシングの限度額は、高くする事は可能なのです。それには返済実績と年収が大きなポイントになってきます。

基本的には、年収のウエイトが高いと考えて良いでしょう。現在の日本では、限度額は年収の30%に限定されるというルールがあるからです。したがって年収200万であれば、限度額の最大値は60万になります。しかし新規申し込みの段階で、60万で借りる事ができるかと言われれば、やや難しい傾向があります。60万などでなく、40万などに限定される事も多いです。また、個人事業の方だと新規の申し込みで審査が通らなかったり、時間がかかってしまうケースもあります。もし、個人事業の方で、これからキャッシングを申し込もうと検討しているなら、こちらから情報を収集しておいた方がいいでしょう。

そもそもキャッシングでは、返済状況を確認される事になります。返済実績が今ひとつだと判断された時には、上記のような金額制限が生じる事もあるのです。
その逆のパターンもあります。返済実績がとても優秀だと判断される事も、たまにあるのです。そういう場合は金融会社から、多くの資金を借りれるケースもあります。ですからキャッシングで限度額を高くするためには、実績を構築する事も大切なポイントになるでしょう。